2006.06.2512:47
こんにちは。
今日はオーダースラックスの採寸ポイントをお話します。
既製品のスラックスの場合、ウエストサイズによって
わたり幅(太ももの太さ)が決まってきます。
と同時に股上の深さ(ズボンの一番上から股の付け根の長さ)
も決まってきます。
はきにくかろうがわたり幅が太かろうが、ほとんど直す事ができない箇所です。
おなかの大きい人で、太ももが細い人はどうしても
太ももの辺りがヒラヒラしてしまいますし、逆に
おなかの小さい人で、足の太い方(特にスポーツをしている方)
はとてもはきにくいと思います。
そういうことを解消してくれるのがオーダーメードです。
採寸のポイントとしては、お尻の大きさと太ももの太さ
を計り、その後に股の付け根の長さを図っていきます。
最後にお客様の好みのシルエット(細身がいいか、太くするか)
をお聞きし、最終的に調整していきます。
この3点がしっかりとしていれば、お客様にとってとても
はきやすいスラックスが完成いたします。
既製品でお困りの方、または満足のいかない方、ぜひお試しになってみてください。

 
Comment (0) Trackback (0)
Trackback URL
ボットからトラックバックURLを保護しています